杜の都ふるさと便 

東日本大震災の復興・再生を祈願してみちのく&杜の都のニュースや話題等お伝えしています。


スポンサーリンク

社会

宮城県石巻市大川小学校裁判で最高裁は、学校と行政の【震災前】の防災対策に過失を認定!

☆彡大川小学校裁判で最高裁は、 【震災前】の学校と行政の防災対策に過失を認定し判決が確定! 東日本大震災の津波で犠牲になった宮城県石巻市の大川小学校の児童23人の遺族が訴えた裁判で、最高裁判所は10/10日石巻市と宮城県の上告を退ける決定をし、14億円…

4月5日、仙台の桜(ソメイヨシノ)の開花を宣言! 平年より 6日 早く(平年は、4月11日)、 昨年より 6日 遅い

仙台管区気象台は4月5日、仙台の桜(ソメイヨシノ)の開花を宣言した。 1953(昭和28)年からソメイヨシノの開花観測を行っている同気象台。今年は平年より6日早く、昨年より6日遅い開花宣言となった。この日の最高気温は21度を超え、春本番の陽気だった。 ◆…

気仙沼大島大橋(鶴亀大橋)で「橋上ウォーキング」が30日に行われる。

宮城のライフライン2題 ①東日本大震災の復興道路として国が整備している三陸沿岸道路の歌津インターチェンジ(IC、宮城県南三陸町)―小泉海岸IC(同県気仙沼市)の10キロが2月16日、開通した。この延伸で、県最北端の気仙沼市が仙台市と直結。首都圏へのアク…

東日本大震災は3月11日、発生から8年を迎えるも復興は終わらず。東北六県の人口減拡大・加速

東日本大震災は11日、発生から8年を迎える。巨大地震と津波、原発事故による犠牲者は行方不明者、関連死を含め全国で計2万2131人に上る。 宮城県名取市閖上地区は昨年、災害公営住宅全463戸が完成。街づくりが急ピッチで進む。住民は計画の半数近…

『気温が平年より高く、春の訪れ早まる』「由緒正しい春」~「恋焦がれる春」、東北の1か月から3か月の長期天気予報より

2019年東北の1か月から3か月の天気予報 まだ見ぬ遠き春よ♪~ 「由緒正しい春」~「恋焦がれる春」 ①予報期間 2月23日から1ヶ月2019年2月21日発表 期間の前半は、気温がかなり高くなる可能性があります。 <予想される向こう1か月の天候>向こう1か月の出現の…

東北線の田尻(大崎市)、新田(登米市)、陸羽東線の岩出山(大崎市)の3駅が利用者減で無人化 来月3月16日から

東北線の田尻(大崎市)、新田(登米市)、陸羽東線の岩出山(大崎市)の3駅が利用者減で無人化 来月3月16日から JR東日本の3月16日のダイヤ改正に合わせて東北線の田尻(大崎市)、新田(登米市)、陸羽東線の岩出山(大崎市)の3駅が無人化される…

「2019せんだい・杜の都親善大使」3人を募集中

「2019せんだい・杜の都親善大使」3人を募集中 せんだい・杜の都親善大使選考・運営委員会は、「2019せんだい・杜の都親善大使」3人を募集している。 任期は5月1日から2020年4月30日まで。仙台を国内外にアピールする「顔」として、仙台・青葉まつりや仙台七…

名取市の閖上(ユリアゲ)地区で、去年から漁が本格化したしらすをPRする催し、「第2回 閖上しらす祭り」が開催

東日本大震災で大きな被害を受けた名取市の閖上(ユリアゲ)地区で、去年から漁が本格化したしらすをPRする催し、「閖上しらす祭り」が開かれました。 漁業の盛んな名取市沿岸部の閖上地区では、震災からの復興を進めるためしらすを新たな特産品としてブラン…

宮城県内一の梨の産地、蔵王町で8日から「みやぎ蔵王梨まつり」が開催! 小さい秋見つけた♪~

宮城県内一の梨の産地、蔵王町で8日、恒例の梨まつりが開かれ、旬を迎えた梨を求めて朝から多くの人たちでにぎわっていました。 蔵王町では70軒以上の農家がさまざまな種類の梨の栽培を行っていて、毎年およそ1500トンを全国に出荷する県内一の産地で…

宮城県は、北海道に大規模な災害時に救助活動を行う「緊急消防援助隊」を派遣! 恩返し・恩送り

北海道に宮城県が緊急消防救助隊派遣 北海道で震度6強の揺れを観測した地震を受け、宮城県は、大規模な災害時に救助活動を行う「緊急消防援助隊」を派遣しました。 北海道での地震を受け、総務省消防庁は、宮城、青森、岩手、秋田の4県に対し、大規模な災…

台風21号で宮城県内の被害はない模様 でもね~31℃越えで暑~い 9月20日彼岸の入りまで耐え忍ぶ?

台風21号は北海道の付近の海上を進んでいて、宮城県内では暴風や大しけのおそれはなくなりましたが、気象台は、引き続き強風や高波に注意するよう呼びかけています。 気象庁の発表によりますと、台風21号は4日、四国や近畿を通過したあと日本海を北上し…

宮城県内の防潮堤(ぼうちょうてい)、22か所は7年過ぎるもいまだ未着工

宮城県内の防潮堤、22か所いまだ未着工! 東日本大震災の発生からまもなく7年半になります。 震災をうけて計画が立てられた宮城県内の防潮堤は、およそ4割が完成しましたが、住民の反対を受けていまだに着工していない場所などもあり、地域の事情にあった…

名取市の閖上地区に、ホヤを使った料理が楽しめる屋外の店舗が9月2日、オープン

東日本大震災の津波で大きな被害を受けた名取市の閖上地区に、ホヤを使った料理が楽しめる屋外の店舗が9月2日、オープンすることになり、9月1日、関係者を招いて料理が振る舞われました。 屋外店舗は、JR仙台駅前のホヤ料理専門店などを運営する仙台市の…

株式会社ステッチが女川町の「いまと未来」と防災をレシートの裏をつかって伝えるプロジェクト「巡ろう、知ろう。おながわのいまと未来。」を開始

◆株式会社ステッチ(所在地:東京都千代田区)は、2018年9月1日(土)より、宮城県女川町後援で女川町の「いまと未来」と防災をレシートの裏をつかって伝えるプロジェクト「巡ろう、知ろう。おながわのいまと未来。」を開始します。 ■プロジェクトについて▽概要…

「防災の日」の9月1日七ヶ浜町で、大規模な地震などを想定した宮城県の総合防災訓練が行われる。

「防災の日」の1日、七ヶ浜町で、大規模な地震などを想定した県の総合防災訓練が行われました。 訓練は、七ヶ浜町の小学校や中学校などで行われ、自治体や消防などの職員に地域住民も加わり、およそ2000人が参加しました。 訓練は、7年前の東日本大震…

仙台駅お盆の帰省ラッシュが本格化

「山の日」の8月11日、お盆を古里や行楽地で過ごす人たちの帰省ラッシュが本格化した。東北・秋田・山形の各新幹線は下り列車がピークを迎え、ホームは大きな荷物を持つ人や家族連れで混雑した。 お盆を古里や行楽地で過ごす人たちの帰省ラッシュは11日が…

8月5日 気仙沼(みなとまつり)と仙台(仙台七夕花火祭)で恒例の花火大会 明日からは仙台七夕まつりだ!

「気仙沼みなとまつり」平成30年8月4日(土)、5日(日)開催 港町の夏を彩る「気仙沼みなとまつり」が4日、宮城県気仙沼市で開幕した。初日は田中前地区で「はまらいんや踊り」があり、色鮮やかな法被やTシャツを着た踊り手約3000人が、東日本大…

「仙台平」に熱視線 羽生結弦選手が国民栄誉賞授与式で着用し、製造元や百貨店に問い合わせ多数

「仙台平」に熱視線 羽生結弦選手が国民栄誉賞授与式で着用し、製造元や百貨店に問い合わせ多数 【羽生結弦】羽生結弦選手が国民栄誉賞授与式で紋付き羽織袴のいでたちで臨んだことは多方面に波紋 「仙台平」にも熱視線で製造元や百貨店に問い合わせ多数 平…

大川小学校裁判~防災対策をめぐる争いは最高裁判所で 石巻市、宮城県、上告する方針

大川小学校の防災対策をめぐる争いは最高裁判所で 東日本大震災の津波で犠牲になった宮城県石巻市の大川小学校の児童の遺族が訴えた裁判で、石巻市は、学校の事前の防災対策の不備などを認めた2審の判決を不服として最高裁判所に上告するための議案を臨時議…

東北楽天の元監督、星野仙一氏が1月4日死去

東北楽天の元監督、星野仙一氏が死去したことが分かった6日、突然の訃報に接した選手らチーム関係者は悲しみに包まれた。 「東北楽天ゴールデンイーグルスの精神的支柱だった」。梨田昌孝監督は球団副会長としてチームの強化に尽力した星野氏の存在の大きさ…

宮城県の三陸沿岸で、マダコが思わぬ豊漁に浜が活気づく

宮城県の三陸沿岸で、マダコが異常なほど大漁となっている。南三陸町ではここ1カ月で昨シーズン4カ月分の水揚げを超え、石巻市の石巻魚市場も10月の取扱量が昨年同月の8倍に上る。温暖化などで暖流系のマダコが北上したとの指摘がある。秋サケや寒流系…

ディスカウント量販店のドン・キホーテ(東京)が青葉区中央1丁目の旧仙台東洋ビル跡地入り、2018年4月下旬のオープンを計画

仙台市青葉区中央1丁目の旧仙台東洋ビル跡地に建設中の新商業ビルに、ディスカウント量販店のドン・キホーテ(東京)が入り、2018年4月下旬のオープンを計画していることが27日、分かった。ドンキがJR仙台駅周辺に進出するのは初めて。 関係者によ…

「仙台は今日も雨だった♪~」 杜の都の連続降雨 「35日連続」の新記録となるか  史上2位を更新

連続降雨 仙台34日連続 史上2位を更新 「35日連続」の新記録となるか 東北地方は24日、前線を伴った低気圧が発達しながら日本海を東に進んだ影響で、日本海側を中心に雷を伴って非常に激しい雨が降った。仙台は34日連続の降雨となり、6~9月の観測史…

8月5日第48回仙台七夕花火祭で東日本大震災からの復興を願う約1万6000発が打ち上げられる

仙台七夕まつり(6~8日)の前夜祭「第48回仙台七夕花火祭」(仙台青年会議所主催)が5日夜、仙台市青葉区の西公園周辺であった。濃い霧が立ち込めるあいにくの空模様の中、東日本大震災からの復興を願う約1万6000発が打ち上げられた。 仙台七夕祭…

宮城県山元町笠野地区八重垣神社の新社殿で7月30日に夏の例祭

山元町笠野地区八重垣神社で夏の例祭 東日本大震災で大きな被害を受けた山元町笠野地区の八重垣神社で新社殿が完成し、30日、新しい社殿で初めてとなる夏の例祭があった。旧社殿は津波で流失しており、祭りに集まった氏子や住民に笑顔が広がった。 みこし…

ミライフ東日本 契約数2万軒を目指す

ミライフ東日本 契約数2万軒を目指す シナネンホールディングス(HD)グループで、東北6県で主にLPガスを販売するミライフ東日本(仙台市)が、東北の一般家庭向けに電力販売を始めて1年が過ぎた。 ミライフ東日本は電力小売り全面自由化を機に参入し…

宮城県名取市北釜地区の特産メロン「北釜クイーン」復活! 6月17日販売再開~! メロンパンも?

東日本大震災の津波で壊滅的な被害を受けた名取市北釜地区のビニールハウスで、特産のメロン「北釜クイーン」が収穫期を迎えている。生産を再開した昨年は満足できるメロンができなかったが、今年は順調に育っており、被災から立ち上がった生産者も手応えを…

気仙沼市の気仙沼漁港に14日、カツオ一本釣り船が今年初めて入港

20年連続で生鮮カツオ水揚げ日本一を誇る気仙沼市の気仙沼漁港に14日、カツオ一本釣り船が今年初めて入港した。 午前9時すぎ、三重県志摩市の第27源吉丸(149トン)が入港。千葉県銚子沖で捕れたカツオ17トンを船員が1匹ずつ手作業で水揚げした…

「仙台フィンランド健康福祉センタープロジェクト」12年目を迎え食品やITなど幅広い分野でのビジネス支援にも

仙台市とフィンランド貿易局が共同で「仙台フィンランド健康福祉センタープロジェクト」をスタートさせて、今年で12年目を迎えた。立ち上げ当初から掲げる健康福祉分野の産業振興を目指した連携に加え、食品やITなど幅広い分野でのビジネス支援にも力を…

宮城県仙台市と石巻市の幼稚園や小学校で感染性胃腸炎とみられる発症者が急増 「石けんを用いた食事前やトイレ後の手洗いなどを推奨」

■宮城県仙台市と石巻市の幼稚園や小学校で、児童ら計311人がノロウイルスによる集団食中毒が相次いで発生し、発症者が急増厚生労働省は石けんを用いた食事前やトイレ後の手洗いなどを予防策として推奨している。 仙台市の幼稚園や小学校で感染性胃腸炎とみら…

スポンサーリンク