杜の都ふるさと便 

東日本大震災の復興・再生を祈願して杜の都のニュースや話題等お伝えしています。


スポンサーリンク

JR仙台駅2階中央改札口前コンコースで、毎年恒例の東北4県「新酒地酒と酒の肴(さかな)祭り」

JR仙台駅2階中央改札口前コンコースで現在、毎年恒例の「新酒地酒と酒の肴(さかな)祭り」が開かれている。


  宮城・岩手・山形・福島の地酒を一堂に集めた同イベント。毎年、新酒が出そろう同時期に開催している。今年は「むとう屋」(松島町)、「山田酒店」(岩手県盛岡市)、「森」(福島県郡山市)、「山形酒類卸」(山形県寒河江市)が出店し、約200種類を販売する。

  中心価格帯は4合瓶(720ミリリットル)=1,500円前後。ラインアップは、宮城=「浦霞」「乾坤一」「一ノ蔵」「金龍」「阿部勘」「日高見」「萩の鶴」、岩手=「あさ開」「浜千鳥」「酔仙」「七福神」、山形=「霞城寿」「出羽桜」「初孫」「男山」「秀鳳」、福島=「榮川」「花春」「奥の松」「末廣」など。併せて、梅酒・ゆず酒・ヨーグルト酒・甘酒・ワインなども販売する。

  会場では、宮城・青森・山形の水産加工品と漬物など、「酒の肴」も販売。「情熱クリームチーズ」「誘惑クリームチーズ」(以上、70グラム=400円)、「炙(あぶ)りほや」(600円)、「かきうま煮」(864円)、「金華サバずし」(830円)、「ほや一夜漬」(972円)など。

  「今年も南東北3県と岩手県の日本酒を取りそろえているので、この機会に飲み比べて、お気に入りのお酒と出合ってもらえれば。おいしい酒の肴と一緒に酔いしれてみては」と呼び掛ける。

  連日、駅の利用者や観光客が足を止めて品定めしている様子が見られる。「仙台にお住まいの方が地元のお酒を懐かしんで購入されることも多い」と同イベント担当者。

  開催時間は10時~20時(最終日は19時まで)。2月26日まで。