杜の都ふるさと便 

東日本大震災の復興・再生を祈願して杜の都のニュースや話題等お伝えしています。


スポンサーリンク

杜の都親善大使募集来月4月3日まで延長 

杜の都親善大使募集延長 来月3日まで

 仙台商工会議所などは、仙台や宮城の魅力を全国にPRする「2015せんだい・杜の都親善大使」の募集期間を4月3日まで延長した。20日が締め切りだったが、同日までの申し込みが約20人と少ないための措置。募集期間延長は12年以降4年連続となる。


 選考会は4月18日。選出された親善大使3人は、5月から1年間にわたり、仙台七夕まつりなどのイベントを盛り上げ、首都圏などでの観光宣伝活動でも活躍する。応募対象は仙台市内在住または市内に通勤、通学する県内の18歳以上の男女(高校生は不可)。所定の申込書に必要事項を記入し、仙台商議所に郵送する。賞金は1人10万円。連絡先は仙台商議所022(265)8184。

------------------------------------------------------------------------------

■2014年4月5日 昨年のせんだい・杜の都親善大使のニュース

仙台市の魅力をPRする「2014せんだい・杜の都親善大使」には、仙台市在住の3人の女子大学生が決まった。

 応募者59人(すべて女性)から、5日の選考会で選ばれたのは、宮城学院女子大1年の蓬田(よもぎだ)みなみさん(18)=仙台市太白区=、宮城大2年の庄子公美子さん(19)=同=、東北大3年の熊谷望那(もな)さん(20)=同市青葉区=。任期は5月1日から1年間で、市の祭りや県内外の催しで観光宣伝の活動をする。

 観光地を巡るのが好きな蓬田さんは「仙台の人の優しさや、緑あふれる街の魅力を伝えたい」。岩手県出身の熊谷さんは「仙台のことをもっと知りながら、全国や世界にアピールしていきたい」と話した。