杜の都ふるさと便 

東日本大震災の復興・再生を祈願して杜の都のニュースや話題等お伝えしています。


スポンサーリンク

情報発信拠点「仙台なびっく」で28日、宮城、山形、福島3県の産品を集めた「東北いいもんパーク」閉館

復興イベント最後まで盛況 仙台なびっく、きょう閉館

 

 仙台市青葉区の情報発信拠点「仙台なびっく」で28日、宮城、山形、福島3県の産品を集めた「東北いいもんパーク」が始まった。29日で閉館する施設最後のイベントとなる。


 食品や工芸品など約50品目が並べられた。来場した大崎市の主婦さん(64)は「わざわざ県外に出なくても、珍しい品々を購入できてよかった」と話した。


 なびっくは東日本大震災直後の2011年8月、仙台市が東一番丁通沿いに開設。中心部商店街などでつくる共同企業体に運営委託し、復興支援イベントなどで活用されてきた。4月からは市中心部の中央通沿いにある「東北ろっけんパーク」に統合される。


 市地域産業支援課の担当者は「統合後も各種イベントを積極的に開いて中心部の活性化に役立ちたい」と語った。最終29日の「いいもんパーク」は午前11時~午後5時。