杜の都ふるさと便 

東日本大震災の復興・再生を祈願して杜の都のニュースや話題等お伝えしています。


スポンサーリンク

気仙沼・天旗まつり 復興再生・大漁と豊作の願いを込めて

天まで届け復興の祈り 気仙沼・天旗まつり
 

家族連れが海風を受け、たこ揚げを楽しんだ


 第28回気仙沼天旗まつりが24日、気仙沼市波路上の景勝地・岩井崎で開かれた。参加者は東日本大震災の犠牲者の鎮魂と復興への願いを込めてたこを揚げた。

 全国から愛好家が訪れ、伝統だこの模範演技を披露。青森県凧(たこ)の会連合会からは「復興」と書かれた大だこが市に贈られ、潮風に乗って青空を舞うと会場から歓声が上がった。

来場者には「気仙沼」「岩井崎」の文字をかたどった手作りたこ約200枚が配られ、家族連れなどがたこ揚げを楽しんだ。

 気仙沼観光コンベンション協会などでつくる実行委員会が主催。震災前の会場が被災し、三陸海岸有数の観光地で日本ジオパークにも認定された岩井崎が初めて会場となった。


天旗まつり
大漁と豊作の願いを込めて、競い揚げる

  昔から気仙沼地方では、凧ことを「天旗」(てんばた)と呼び、色鮮やかな「日の出凧」や特徴ある図案の「屋号凧」など、気仙沼独特の凧がつくられて親しんできた。「天旗」には、大漁や豊作の願いが込められている。

 今年で28回目を数える「気仙沼天旗まつり」。歴史と伝統の中で受け継がれた天旗が一堂に会して大空に舞う。


◆開催日/平成27年5月24日(日)(強風、大雨時は中止)
◆時間/10:00~
◆場所/気仙沼市波路上岩井崎園地内
◆交通/JR気仙沼駅より車で約30分。または東北自動車道・一関ICより車で約1時間30分。


イベント開催日
2015年05月24日

関連URL(1)
気仙沼観光コンベンション協会ホームページ

お問い合わせ(1)
第28回気仙沼天旗まつり実行委員会
TEL:0226-22-4560

スポンサーリンク