杜の都ふるさと便 

東日本大震災の復興・再生を祈願して杜の都のニュースや話題等お伝えしています。


スポンサーリンク

宮城県山元町の復興費負担、最低でも3200万円 斎藤町長負担軽減を求めていく

宮城県山元町の復興費負担、最低でも3200万円
  
 山元町の斎藤俊夫町長は10日、東日本大震災の復興事業に関する2016年度以降の地元負担額の試算を最低でも3200万円になると明らかにした。町議会6月定例会の一般質問で答弁した。

 18年度まで3年間の事業を主な対象とした。復興交付金の基幹事業を補完する効果促進事業として200万円、避難道路などの財源に充てる社会資本整備総合交付金の復興枠事業で3000万円と見込んでいる。

 答弁で斎藤町長は「今後は被災した小学校や保育所の整備など一般財源からの持ち出しが続く中で、被災のダメージが大きく財政規模の小さい町には大きな負担」と述べ、引き続き国に負担軽減を求めていく考えを示した。


★山元町(やまもとちょう)は、宮城県の東南端の太平洋沿岸に位置する町である。


面積
64.58 km²
 

総人口
12,564人
 (推計人口、2015年5月1日)

人口密度
195人/km²

歴史
昭和30年(1955年)2月1日 - 山下村と坂元村が合併し、山元町が発足
平成23年(2011年)3月11日 - 東北地方太平洋沖地震が発生。大津波により沿岸地区6部落が壊滅し、多数の死傷者を出す。

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事
四方山・深山トレッキングコース
深山山麓少年の森(菱沼の郷)
社台グループ山元トレーニングセンター
唐船番所跡(磯崎山公園)
蓑首城跡
八重垣神社

祭り・イベント
ホッキ祭り - 2月下旬
ストロベリーラインふれあい市 - 6月上旬
八重垣神社(お天王様)祭礼 - 7月下旬
商工産業祭・文化祭 - 11月上旬
アップルラインふれあい市 - 11月下旬
やまもと食のまつり - 12月下旬

出身有名人
大川"Z"純司 - 歌手
大竹佑季 - 歌手
こおり健太 - 歌手
小坂誠 - 元プロ野球選手
土生洋一郎 - シンガーソングライター
ニコ・ニコルソン - イラストレーター 漫画家
山田篤史 - 俳優