杜の都ふるさと便 

東日本大震災の復興・再生を祈願して杜の都のニュースや話題等お伝えしています。


スポンサーリンク

「アサヒスーパードライ仙石線全線開通記念ラベル」が販売好調で増産 復興・再生を盛り上げる

アサヒスーパードライ「仙石線全線開通記念」ラベル、販売好調で増産

 
 アサヒビール(東京都墨田区)が宮城県内で数量限定販売している「アサヒスーパードライ仙石線全線開通記念ラベル」が好調な売れ行きを見せている。

仙石東北ライン開業に併せて導入された「HB‐E210系」

  これまで、仙台市の「子どもの村東北」や石巻市の「観光交流施設」の建設・運営支援など復興支援の取り組みを行ってきた同社。5月30日のJR仙石線全線復旧再開を受けて今回、同線の復旧アピールや地域共生型営業活動の一環として、「アサヒスーパードライ」のデザインラベル商品を同27日に発売した。

  同商品は、アサヒスーパードライの中瓶(500ミリリットル)のラベルに、「祝 仙石線全線運転再開」というメッセージと仙石東北ライン開業に併せて導入された新型ディーゼルハイブリッド車両「HB‐E210系」をあしらったもの。

  当初の計画では6月中旬までに2000箱を販売する予定だったが、県内飲食店での取り扱いや仙石線沿線エリアでの販売が好調で6月上旬には予定数を終了する見込みとなったことから、2000箱の追加製造を決定。発売期間を7月上旬ごろまで延長する。

  同社担当者は「地元の皆さまのみならず、宮城県を訪れる多くの人々に愛され、復興に向けた地域の盛り上げに貢献できれば」と話す。

  価格はオープン。県内の業務用酒販店や小売店などで販売する。

★アサヒスーパードライ

~アサヒビールは宮城県の復興を盛り上げます~

 

アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 小路明善)は、『アサヒスーパードライ 「仙石線全線開通記念」ラベル』(中びん500ml)を5月27日(水)より宮城県において、新発売します。

 アサヒビール(株)は、宮城県の復興に向けた取り組みに賛同し、仙石線の復旧をアピールすると共に、地域共生型の営業活動の一環として、「アサヒスーパードライ」のデザインラベル商品を宮城県限定で新発売します。ラベルには、アサヒのロゴマークの下に「祝 仙石線全線運転再開」というメッセージを大きく記載すると共に、JR東日本旅客鉄道株式会社の列車イラストを描いています。

 JR仙石線は、東日本大震災による甚大な被害を受け、これまで一部区間の高台移設を含む復旧工事を進めていましたが、このたび、5月30日(土)をもって、全線運転再開となります。

 アサヒビール(株)は、これまでにも、仙台市への「子どもの村東北」の建設と運営に対する支援等、宮城県に対しても様々な復興支援を行ってきました。今回発売する『アサヒスーパードライ 「仙石線全線開通」ラベル』が宮城県で話題を呼び、地元の皆様のみならず、宮城県を訪れる多くの人々に愛され、復興に向けた地域の盛り上げに貢献できることを期待しています。

【商品概要】
商品名 アサヒスーパードライ
「仙石線全線開通記念」ラベル 
容器・容量 中びん(500ml)
販売数量 2,000函(実数)
発売日 5月27日(水)
発売期間 6月中旬頃までの予定
販売地域 宮城県全域