杜の都ふるさと便 

東日本大震災の復興・再生を祈願して杜の都のニュースや話題等お伝えしています。


スポンサーリンク

蔵王エコーライン(宮城県蔵王町-上山市、26キロ)が22日午前、全線開通 お釜もOK

■蔵王山 エコーライン2カ月遅れで全線開通
 

山頂に向かうつづら折りでは、通行止めが解除された蔵王エコーラインで車やオートバイが列をなす例年の光景が戻った

 宮城、山形両県にまたがる蔵王山(蔵王連峰)に出されていた火口周辺警報の解除を受け、蔵王エコーライン(宮城県蔵王町-上山市、26キロ)が22日午前、全線開通した。例年より約2カ月遅れでの通行再開となり、観光関係者は誘客の挽回を誓い合った。

 刈田峠駐車場での開通式には、両県の関係者約200人が出席。村井嘉浩宮城県知事は「両県にとって大切なお山の一つ。正しい情報を適時適切に提供し、皆で力を合わせてPRしたい」と述べ、吉村美栄子山形県知事は「蔵王とサクランボが楽しめる季節。両県の連携を強め、国内外の誘客に取り組む」と話した。

 午前8時半に両県のゲートが開き、約13キロの通行止めが解除された。宮城側で一番乗りしたドライバーは「待ちに待った日。お釜も見ることができて満足」と話した。

 エコーラインから刈田岳山頂近くの蔵王レストハウスに至る有料道路「蔵王ハイライン」も開通し、宮城県は7月末まで通行を無料化した。山形県も蔵王刈田リフトを8月末まで無料にし、観光客の誘致を図る。

 両県と関係市町村などでつくる火山防災協議会は自主防災対策として、お釜を含む想定火口域(馬の背カルデラ)への立ち入りを規制するとともに、登山道2カ所を閉鎖している。

警報の影響で蔵王では、観光客の足が遠のいていただけに、ふもとの温泉地では全線開通を祝うパレードも行われ、お祭りムードになっています。


★蔵王エコーラインについて

遠刈田温泉から山形県の坊平高原までを結ぶ全長26kmの山岳観光道路。ここの魅力はなんといっても雄大な自然、季節ごとに美しく姿を変える蔵王の景色を眼下に見ながら、爽快なドライブを楽しもう。蔵王ハイラインを利用して刈田岳山頂まで行けば、五色岳の火口湖である御釜の神秘的な姿を見ることができる。

快適なドライブコースで蔵王の自然を満喫しよう


営業期間
営業:通行自由、道路凍結の為夜間通行止の場合あり
休業:11月上~翌4月下、期間中は通行自由、降雪時通行止有
 

所在地
〒989-0916  宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉  

交通アクセス
(1)東北道白石ICよりR457経由、遠刈田温泉方面へ30分