杜の都ふるさと便 

東日本大震災の復興・再生を祈願して杜の都のニュースや話題等お伝えしています。


スポンサーリンク

最大5割増 みやぎ旅行券の販売が29日始まるも完売相次ぐ 7月下旬と9月下旬にも発売予定

最大5割増みやぎ旅行券 第1期分完売相次ぐ
  
 東日本大震災で落ち込んだ観光客の客足回復を図る県の「観光王国みやぎ旅行券発行事業」で、割引旅行商品の第1期(宿泊期間7月1日~9月30日)分の販売が29日、始まった。初日だけで第1期分を売り切った旅行会社や予約サイトもあった。

 発売された商品は、サイトで電子クーポンを取得して宿泊施設を予約する「ネット型」と、旅行会社の窓口で各宿泊施設の割引プランを購入する「店頭型」の2種類。

 このうちネット型の楽天トラベルは、利用人数や代金の条件に合わせて使える3000円、1万円、2万円、4万円の4種類のクーポンを用意。午前10時の販売開始から3時間ほどで第1期分の配布を終了した。

 担当者は「サイトに登録している各宿泊施設が、食事をグレードアップするなど質の良い宿泊プランをそれぞれ用意し、人気が集まった」と説明した。

 店頭型の日本旅行東北も第1期分の商品を完売。早い店舗では販売開始から10分程度で、店頭に並んだ客に販売終了を告げた。「県から販売店舗が発表された22日以降、問い合わせが増えた」と担当者は話した。

 第1期は宿泊とJR代金が割引対象で、割引率はそれぞれ最大5割(上限1万円)。全体で約5万7000泊分が販売される。宿泊と航空代金が割引対象の第2期は7月下旬、第3期は9月下旬に発売予定。

■宿泊代金、最大5割引 宮城県が旅行券

 県は29日、県内の宿泊代金が最大で1万円まで割引になるクーポン「観光王国みやぎ旅行券」を発売した。7月から始まる「仙台・宮城【伊達な旅】夏キャンペーン2015」に合わせ、宿泊代金と交通費を最大で2万円まで割引きするセットも販売。東日本大震災後、落ち込んでいる県内観光の回復をはかる。

 旅行券は最大5割引となる。宿泊の場合、1人当たり最大で1泊1万円まで割引され、2泊まで利用可能。「宿泊+JR」のパック旅行商品は交通費も最大で1万円まで割引される。旅行予約サイト「楽天トラベル」や「るるぶトラベル」、「Yahoo!トラベル」か県指定の旅行会社店頭で購入できる。県内は旅行会社7社、県外は11社、外国人観光客向けは4社で旅行券特設ページ(http://www.pref.miyagi.jp/kankou/ryokouken/top.htm)で確認できる。

 利用方法は旅行予約サイトで割引クーポンを取得後、宿泊を予約した際に割引クーポンを使える。旅行会社の場合、割引価格の旅行商品から購入。利用できるのは県内全域だが、ビジネスホテルが多く、稼働率のよい仙台市内は旧秋保町と旧宮城町が対象となる。

 29日から販売された第1期は5万7千泊分で、対象は7月1日~9月30日。7月下旬と9月下旬にも発売するという。

 村井嘉浩知事は「たくさんの人に来てもらって風評被害を払拭し、県外の方々に宮城県のよさを知ってもらいたい」と話している。

 

スポンサーリンク