杜の都ふるさと便 

東日本大震災の復興・再生を祈願して杜の都のニュースや話題等お伝えしています。


スポンサーリンク

仙台・本町に9月22日、災害時でも使えるアウトドア道具をそろえる雑貨店「ENstyle(エンスタイル)」がオープン

仙台・本町に9月22日、インドア&アウトドア雑貨店「ENstyle(エンスタイル)」(仙台市青葉区本町2、TEL 022-281-9237)がオープンした。

 

 「自宅でも利用できるような」アウトドア道具とインテリア雑貨を販売する同店。オーナーさんは雑貨店勤務を経てインテリア雑貨店を開こうと開業資金をためていた際、震災に遭った。

「食料や灯油を持ち寄り、知らない人たちと共同生活を送っていた時、『アウトドア道具があれば良かったね』という会話があった」ことから、「インテリア雑貨と災害時でも使えるアウトドア道具をそろえる店を開こう」と決意した。

 店の内容を決めるきっかけになった人との「縁」、その時に助け合いながら生活をしていた支援の「援」、東北の東(EAST)と北(NORTH)の頭文字「EN(エン)」。3つの「エン」を大事にしたいという思いを店名に込めた。

 店舗面積は約10坪。食器、カトラリー、ダッチオーブン、スキレット、ボトル、保存容器、浄水器、スタッフサック、ショッピングバッグ、オールウエザーブランケット、キャンドルランタン、ファイヤースターター、クーラーボックス、折り畳み椅子などのアウトドアグッズをはじめ、多肉植物やクッションなどのインテリア雑貨を販売。ヌードルやアルファ化米、パンの缶詰などの保存食も取りそろえる。

 オープンから半月がたち、アウトドアや雑貨に興味のある女性やカップルなどが多く来店している。オーナーさんは「アウトドア好きの方にはぜひ話を聞かせてもらいたい。アウトドアに興味はあるけれど、どうやって始めたらいいのかわからない方にも気軽に来てもらえたらうれしい。アウトドアに興味を持つきっかけになれれば」と話す。

 営業時間は12時~21時。水曜定休。