杜の都ふるさと便 

東日本大震災の復興・再生を祈願して杜の都のニュースや話題等お伝えしています。


スポンサーリンク

宮城県漁協による今季の生食用カキの出荷が6日、始まる

宮城県漁協による今季の生食用カキの出荷が6日、始まった。夏の猛暑などの影響で解禁は昨年同様、1週間ずれ込んだ。各地の浜では早朝から、漁業者らが殻むき作業に精を出した。

 石巻市渡波の石巻湾支所の万石浦鮮かき処理場では生産者と家族ら約200人が作業に当たった。同市長浜沖で養殖し、5日に水揚げしたカキの殻を手際良くむき、約1トンを出荷した。

 関係者によると、出荷を控えた1日から2日にかけ、急速に発達した爆弾低気圧の影響で、同市の一部の浜では養殖施設から多くのカキが落下したという。

 県漁協の高橋文生かき部会長は「無事出荷できて喜んでいる。カキはやや小さいが、実入りがいい。寒くなると、よりおいしいカキを提供できる」と話した。

 県漁協は今季、東日本大震災前の4割程度の約1700トンの生産を見込む。昨季は約1600トンだった。

■全国有数の牡蠣の生産地として有名な宮城県。栄養豊富な河川水が注ぎ込み、親潮と黒潮がぶつかりあう理想的な漁場が栄養豊富でおいしい牡蠣を生み出します。


養殖牡蠣のふるさと

宮城県石巻市の万石浦(まんごくうら)や東松島市の鳴瀬地区などは、養殖に欠かせない「種牡蠣」の産地として有名で、北は北海道から南は九州まで全国の産地に供給されています。


用途に優れた栄養豊富な牡蠣

宮城県の牡蠣は地域によって1年から3年ものの牡蠣を出荷しており、各浜によって大きさや味などの特徴が異なります。生食はもちろん、加工にも優れています。
プリッとした粒にたっぷりのグリコーゲンが豊富で、殻のわりに身が重いと、食通の方々にも高い評価を頂いています。


会社名 宮城県漁業協同組合 石巻湾支所万石浦鮮かき工場

読み方ミヤギケンギョキョウキョウドウクミアイイシノマキワンシショマンゴクウラセンカキコウジョウ

住所
宮城県石巻市渡波字祝田77−1