杜の都ふるさと便 

東日本大震災の復興・再生を祈願して杜の都のニュースや話題等お伝えしています。


スポンサーリンク

宮城県山元町の山元いちご農園が12月11日から今季のイチゴ狩りを開始予定


東日本大震災後に宮城県山元町で設立した町特産のイチゴを栽培する二つの農業生産法人が、今季のイチゴ狩りのスタートを大幅に前倒しする。山元いちご農園は11日から、GRAは来年1月2日からで、それぞれ1~2カ月ほど早めた。年末年始の行楽客にも楽しんでもらう趣向。誘客増につなげ、被災地の観光復興の起爆剤にしたい考えだ。

 山元いちご農園は、昨季も開始を1月2日と約1カ月前倒しした。今季は6月まで無休で営業する予定。10棟で計2.17ヘクタールの栽培ハウスの区域を分けて順番に開放することで、切れ目ない収穫体験を可能にした。併設するカフェでイチゴのスイーツなども味わえる。

 これまでは、クリスマスの最需要期と重なる時期のイチゴ狩りは避けてきたが、岩佐隆社長は「多くの方にできるだけ早く食べてほしかった。クリスマスに向けたPRも行いやすい」と意図を語る。

 GRAも昨季の3月下旬開始から大幅に早め、初詣に掛けた「初狩り」の名称でPRする。開放するハウス面積も100アールと2倍以上に広げる。ICT(情報通信技術)を活用し、温度や日照時間などを自動制御できる最先端の大型栽培ハウスを見学しながら収穫を楽しめるのが特徴だ。

 岩佐大輝代表は「初狩りを新たな食文化として提案したい。取り組みが町全体に広がれば、さらに誘客が図れるはずだ」と話す。開放は5月までだが、3月20日までは土、日、祝日のみの営業となる。
 料金は法人によって異なる。連絡先は山元いちご農園0223(37)4356、GRA0223(37)9634。


★山元いちご農園 0223(37)4356

東北一のいちごの産地で、陽の光をたっぷり浴びて、真っ赤に育ついちご。
時間と手間をかけた、完熟したいちごのみを味わえます。
大型ハウス10棟と、いちごを味わえるカフェを併設した、東北最大級の観光いちご農園です。


開催時期 12月11日~6月中旬まで


営業時間

午前10時~午後3時(3月以降は午後4時まで延長)
※多数のお客様が来園された場合、営業時間内でも受付をお断りする場合がございます。
※営業時間は変更になる場合がございます。

定休日 なし

★GRA0223(37)9634。

★山元町(やまもとちょう)は、宮城県の東南端の太平洋沿岸に位置する町である。

平成23年(2011年)3月11日 - 東北地方太平洋沖地震が発生。大津波により沿岸地区6部落が壊滅し、多数の死傷者を出す。
面積 64.58 km²

総人口12,506人
(推計人口、2015年9月1日)

人口密度194人/km²

隣接自治体
角田市、
亘理郡亘理町、伊具郡丸森町
福島県相馬郡新地町

町の木クロマツ

町の花ツツジ

町の鳥ツバメ

●名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事
四方山・深山トレッキングコース
深山山麓少年の森(菱沼の郷)
社台グループ山元トレーニングセンター
唐船番所跡(磯崎山公園)
蓑首城跡
八重垣神社

●祭り・イベント
ホッキ祭り - 2月下旬
ストロベリーラインふれあい市 - 6月上旬
八重垣神社(お天王様)祭礼 - 7月下旬
商工産業祭・文化祭 - 11月上旬
アップルラインふれあい市 - 11月下旬
やまもと食のまつり - 12月下旬

●出身有名人
大川"Z"純司 - 歌手
大竹佑季 - 歌手
こおり健太 - 歌手
小坂誠 - 元プロ野球選手
土生洋一郎 - シンガーソングライター
ニコ・ニコルソン - イラストレーター 漫画家
山田篤史 - 俳優