杜の都ふるさと便 

東日本大震災の復興・再生を祈願して杜の都のニュースや話題等お伝えしています。


スポンサーリンク

宮城県亘理町の荒浜魚市場で6日、初競りがあり、復興途上の港町が活気を取り戻す

東日本大震災で被災した宮城県亘理町の荒浜魚市場で6日、初競りがあり、復興途上の港町に市場関係者の威勢良い声が飛び交った。

 底引き網、刺し網など漁船13隻からヒラメやスズキ、赤貝など約7トンの水揚げがあった。仲買人は、水槽から網で引き上げられた魚を品定めして値を付けた。

 価格は昨年末のしけの影響やご祝儀相場もあり、ヒラメで1キロ平均1842円と前年比で300円以上高く、1キロ3000円の高値を付けたものもあった。

 競り落とされた魚は各市場に出回ったほか、初競りに合わせてことしの営業を再開した荒浜漁港近くの産直施設「鳥の海ふれあい市場」で販売された。

 初競りの会場では関係者が三本締めで新年を祝った。県漁協仙南支所亘理の運営委員長は「ことしも消費者に自信を持って薦められる魚を供給したい」とあいさつ。斎藤貞町長は「皆さんの元気が亘理の元気になる」と激励した。

 同漁港は昨年5月に活魚荷さばき場が完成し、被災施設はほぼ復旧した。本年度の売り上げはカレイ類やワタリガニの豊漁などで6億1800万円となり、前年度の5億5000万円を既に上回っている。

 東日本大震災で大きな被害があった亘理町の荒浜漁港の魚市場で6日、ことしの初競りがあった。昨年は被災施設の復旧や豊漁で売り上げが震災前に比べて倍増。年明けも新鮮な魚が大量に並ぶ活況は続き、市場関係者の威勢良い声が飛び交った。

 初競りには、前日夕方に漁船5隻が水揚げしたヒラメやカレイの活魚を中心に昨年より6割増の3.2トンが掛けられた。冒頭、三本締めやお茶で乾杯して新年を祝った仲買人ら約30人が、元気に飛び跳ねる魚を品定めして値を付けた。価格はご祝儀相場もあり、ヒラメで1キロ平均1500円と年末より400円ほど高値となった。

 競り落とされた魚は東京や名古屋などの市場に回るが、荒浜の産直施設「鳥の海ふれあい市場」でも販売された。

 荒浜漁港は損壊した岸壁などの施設復旧や漁船の新造が進み、ヒラメの豊漁も続いて漁獲高が増大。本年度の売上高は7億円と近年で最高だった1983年度並みの水準を見込む。

 宮城県漁協仙南支所亘理の運営委員長は「国などの協力で復興が進み、漁師らが目いっぱい頑張れる状況になった。ことしも過去にない水揚げを目指したい」と意欲を語った。

 

★亘理町(わたりちょう)は、宮城県南部の太平洋沿岸、阿武隈川の河口に位置する町。

温暖な気候を利用しての果樹・花卉栽培が盛んであり、特にイチゴが名産である。郷土料理のはらこ飯は近年農山漁村の郷土料理百選に選出された。 隣接する山元町とは平成14年(2002年)11月から合併に向けて協議が行われたが決裂した。県から代替案として名取市・岩沼市・亘理町・山元町を合併する案が示されたが、人口規模のみを基準とする案であったため具体的な協議が行われることも無かった。


人口・世帯

平成27年11月30日現在

人口

34,151人

男性 16,702人
女性 17,449人

世帯数

11,928世帯


人口密度
452人/km²

隣接自治体
岩沼市、角田市、
亘理郡山元町、柴田郡柴田町

町の木
クロマツ

町の花
サザンカ


●歴史
昭和18年(1943年)4月29日 - 荒浜村が町制施行。
昭和30年(1955年)2月1日 - 亘理町・荒浜町・吉田村・逢隈村が合併し、現在の亘理町(わたりちょう)となる。
平成23年(2011年)3月11日 - 東北地方太平洋沖地震が発生。亘理町では震度6弱を記録し、役場庁舎が使用不可能となる。さらに大津波により町の面積の47%が浸水し、荒浜・大畑浜・吉田浜・長瀞浜など沿岸の部落が壊滅的被害を受けた。この震災による町民の死者・行方不明者は計305人(町内で発見された遺体は257体)。また5,600棟を超える住宅が全半壊し、産業被害総額は3,353億円超にのぼった。
平成27年(2015年)3月15日 - 荒浜にぎわい回廊商店街 開設

●産業構造

生産高では第三次産業が主だが、土地利用面では農用地が47.5%を占める。イチゴの出荷量が東北地方第1位であり、またリンゴの出荷量も宮城県第1位である。工業は地場食品加工業と自動車関連企業が主である。

●地場産物

笹かまぼこ・はらこ飯。いちごワイン・梅羊羹などの果樹(リンゴ・イチゴ・ブドウ・アセロラ)利用産品

●名所・旧跡・祭事・催事等
2012年9月鳥の海(汽水湖) - 平成18年(2006年)6月、明成高等学校科学部および早川紘之により、鳥の海の東南に広がる吉田浜において、全長3kmに及ぶ国内最大規模の鳴き砂の存在が確認された。
わたり温泉鳥の海 - 弱アルカリ高温泉。泉温44度(東日本大震災により休業も2014年10月4日に温浴施設と休憩所が再開)
三十三間堂官衙遺跡(国の史跡、平安時代の亘理郡衙)
大雄寺の亘理伊達家御廟所(小堤城跡)
亘理神社(亘理城跡)
尊久老稲荷神社
称名寺のシイノキ(国の天然記念物) - 他所から移植してきた、高さ約14メートル・周囲約7.5メートルの巨木。
末家焼(ばっけやき)
水森かおり「亘理の冬」 - ご当地ソング。アルバム『歌謡紀行Ⅸ~松島紀行~』(2010年9月)所収
荒浜にぎわい回廊商店街
おおくまふれあいセンター
亘理公園

●出身有名人
佐藤恵利子 - 女子サッカー選手
菅原克己 - 詩人
鈴木淳 - 元サッカー選手
宮城けんじ - 漫才師(Wけんじ)
村上和巳 - フリージャーナリスト
村松巌 - 七十七銀行元頭取

郷土料理

あさり飯(春)・しゃこ飯(夏)・はらこ飯(秋)・ほっき飯(冬)