杜の都ふるさと便 

東日本大震災の復興・再生を祈願して杜の都のニュースや話題等お伝えしています。


スポンサーリンク

ユアテック(仙台市)純利益は前期比3.5倍の121億6000万円で過去最高益

ユアテック最高益 再生エネ好調 3月期

 ユアテック(仙台市)は28日、2015年3月期連結決算を発表した。純利益は前期比3.5倍の121億6000万円で過去最高益を記録した。純黒字は2期連続。再生可能エネルギー、震災復興関連の工事受注増が寄与したほか、繰り延べ税金資産38億100万円の利益計上も影響した。


 親会社の東北電力関連工事がほぼ震災前の水準に回復。官公庁と一般民間の受注も好調で、売上高は前期比17.2%増の2177億1200万円。うち再生エネ関連は前期の約140億円から約250億円に増えた。経常損益は2億5200万円の赤字から123億2400万円の黒字に3期ぶりに転換。期末配当は2円増配の7円(年間14円)。


 次期業績予想は、再生エネ関連の縮小を見込み、売上高2100億円、経常利益90億円、純利益57億円といずれも減少を予想。年間配当は12円を予定する。15~20年度中期経営計画も公表し、20年度の売上高目標を2000億円とした。


 仙台市で記者会見した佐竹勤社長は「今後はニーズが高まる省エネ関連分野と、関東圏、東南アジアでの受注強化を図り、安定した完工高を目指す」と話した。

 

★株式会社ユアテック(Yurtec Corporation)

株式会社ユアテック(Yurtec Corporation)は、宮城県仙台市に本社を置く東北電力グループの総合設備会社。

概要

東北6県と新潟県を中心に、電気設備工事、リニューアル工事、空調・給排水設備工事、電力工事、エネルギー工事、通信工事を引き受ける総合設備工事企業である。

東証1部上場。証券コードは1934。事業範囲は、北海道、関東、大阪、ベトナムにも及ぶ。旧称は東北電気工事株式会社。(通称:東北電工)

社名のYURTECはユア(YUR)=英語のユア「YOUR」の短縮形で、「皆さんの」・「お客さまの」・「社会の」を表し、テック(TEC)=テクノロジー「技術・TECHNOLOGY」を表している。

作業車などに使われているコーポレートカラーは青色・緑色・赤色の3本ラインであり、それぞれ「技術」・「創造」・「チャレンジ」 を表現している。

マスコットキャラクターはユアちゃん。

沿革
1944年(昭和19年)4月 - 軍需省の命令により東北6県と新潟県の電気工事会社が統合され、「東北電気工事」(東北電工)設立。
1977年(昭和52年)12月 - 東京証券取引所第二部に上場。
1983年(昭和58年)9月 - 東京証券取引所第一部に指定。
1991年(平成3年)4月 - 現在の商号に変更。
1992年(平成4年)6月 - 本社を仙台市青葉区一番町から宮城野区榴岡四丁目1-1の自社ビルに移転。
2011年(平成23年)4月1日 - ユアテックベトナム(現:非連結子会社)が営業を開始。
2013年(平成25年)2月15日、仙台うみの杜水族館の運営会社として設立された仙台水族館開発(株)に在仙企業の1社として出資。

関係会社
日本の主要電力会社9社は、それぞれ関電工(東京電力)、トーエネック(中部電力)、きんでん(関西電力)等、総合設備工事会社を企業グループとして保有しており、ユアテックは東北電力の傘下にある。

そのため、資本と人事の両面で同社の影響下にあり、東北電の保有する議決権割合は46.67%だが、支配力基準により連結子会社となっている。

一方で、自社の連結子会社として12社、持分法適用の関連会社2社、非連結の海外子会社1社、持分法非適用の関連会社3社の計18社で企業グループを構成している。

連結子会社
株式会社トークス
株式会社ニューリース
株式会社ユートス
株式会社ユアテックサービス
株式会社テクス宮城
株式会社テクス福島
宮城電設株式会社
グリーンリサイクル株式会社
株式会社アクアクララ東北
株式会社大雄電工
株式会社ユアソーラー富谷
株式会社ユアソーラー保原

持分法適用関連会社
東北自然エネルギー開発株式会社
東北ソーラーパワー株式会社

ユアテックスタジアム仙台
2006年、仙台市はJリーグ・ベガルタ仙台のホームスタジアムである泉区の仙台スタジアムのネーミングライツ(命名権)を売却することを決定。

市内に本社を置く企業に限定し募集を行ったところ、ユアテック1社のみが応募。審査の結果、年間7千万円の3年契約で命名権を取得。3月1日より"ユアテックスタジアム仙台"(略称:ユアスタ仙台)と改称した。ちなみに、ベガルタ仙台の前身は親会社の東北電力サッカー部である。

 契約期限切れが迫った2009年2月、命名権契約をさらに3年間更新(契約条件はこれまでと同じ)。2012年2月まで引き続き「ユアテックスタジアム仙台」の名称を使用することになった。

2012年2月末を以って2度目の契約期間満了を迎えたが、引き続き契約を更新。3月以降も引き続き「ユアテックスタジアム仙台」の名称を使用し、現在に至る。