杜の都ふるさと便 

東日本大震災の復興・再生を祈願して杜の都のニュースや話題等お伝えしています。


スポンサーリンク

速報!仙台の降水連続日数が36日の新記録 2017年8月26日「杜の都は♪~今日も♪~雨だった♪~」悲しき雨音

速報 2017年8月26日仙台は雨でついに降水連続日数が36日の新記録

 

 仙台で8月25日降水連続日数35日連続で1位タイに並ぶ

仙台の降雨は35日連続となり、6~9月では1934年の観測史上1位に並んでいました。

宮城県仙台市では今日25日も前線などの影響で朝から弱い雨が降り、降水連続日数が35日となりました。6月-9月として統計を開始して以来、史上1位タイとなりました。

そして今日2017年8月26日(土)降雨確率70%  最高気温は32℃/ 最低気温22℃ との予測。

本日26日午前中より我が家では雨が降っています。仙台管区気象台で聞いたところ本日は雨ということで新記録となりました。

 

降水連続日数が36日で新記録達成です。但し、27日(日)は晴れとのことです。一安心。

 ただ、晴れは長続きせず次週30日水曜日は低気圧や前線の影響で強雨の恐れがあります。

 

ここ20日間の日照時間は、たったの20.6時間。平年の22%と4分の1以下の日照となっています。すっきりしない天気は来週も続く予想で、記録は更新されそう。

農作物への影響などが心配です。

人間の体への影響も心配です。

日照時間も平年の2割程度という「冷夏」で、宮城県では今月、「農作物異常気象対策連絡会議幹事会」を14年ぶりに開催。現時点では大きな影響は出ていないものの、関係者は今後、10月から11月にかけて「大根やキャベツ、ネギなどは出荷が遅れる可能性がある」と心配な表情だ。

野菜などの価格はもうすでに値上がりが始まっています。

 


悲しき雨音/カスケーズ

※仙台では6月から9月までの夏の時期としては83年前の昭和9年1934/7/8〜8/11に記録した35日連続が最長です。(1926年以来)

日本最長は札幌 2013年8月4日から9月8日までの36日間と言われています。