杜の都ふるさと便 

東日本大震災の復興・再生を祈願して杜の都のニュースや話題等お伝えしています。


スポンサーリンク

仙台で10カ国以上のアジアが体感できる{伊達アジアフェスティバル}が25日開催

アジア文化交流の種に 留学生主体でフェス
 

留学生らファッションショーの練習に励む

 
 仙台市民にアジア各国の文化をもっと知ってもらおうと、JR仙台駅東口の宮城野通で25日、「伊達アジアフェス」が初めて開かれる。学都・仙台はアジア出身の留学生が多く住むが、市民との触れ合いはいまひとつ。国際交流を深めようと、留学生たちが各国の料理を振る舞い、民族舞踊を披露する。

 フェスの目玉は民族衣装のファッションショー。市内の大学や日本語学校に通うアジア6カ国の留学生約25人がチャイナドレスやアオザイなどをまとい、特設ステージを歩く。ネパールカレーやタイ風焼きそばなどの料理や各国の雑貨が販売されるほか、インドネシアなどの民族舞踊もお披露目する。

 仙台市交流政策課によると、市内に住む外国人留学生は3314人(4月末現在)。このうち8割以上がアジア出身だが、言葉の壁などもあって一般市民と交流する機会は多くない。

 ファッションショーに出演する東北大大学院理学研究科研究員さん(29)=青葉区=は「出演者も来場者も育ってきた環境は異なるけれど、共に仙台に暮らす縁を感じて、絆を強めるきっかけになればいい」と話している。


 フェスは25日午前11時~午後8時。会場には、ネパール地震への義援金を呼び掛けるブースも設置される。


★伊達アジアフェスティバル


仙台で10カ国以上のアジアが体感できる!
アジアを楽しむ!食べる!知る!そして絆を深めるイベントを開催!

世界を目指したインターナショナルな文化交流パワーとしての伊達アジアフェスにどうぞご参加ください。伊達文化の誇りとともに、アジア各国籍の仙台市民と一緒に楽しみましょう。私たちの気持ちを一つに。そして、ネパールを始めとするアジア各国を支援する活動に是非ご参加をお待ちしております。

当日は仙台すずめ踊りとも共同開催になります。
また、ネパール地震被害緊急支援も行います。